水出しコーヒーは、コーヒーメーカーも必要ないし、ハンドトリップより手間いらず。
作り方は超簡単なのに、雑味がなくてすっきりおいしい。

今年の夏は毎日、水出しコーヒー自作しました。
いろいろ試行錯誤しておいしい作り方が固まってきたので、オリジナルレシピを紹介します。

お茶パックよりも、ひとまわり大きいだしパックを使うのがおすすめ!


ni8yMGnUSPmkuPKzoxxkXQ


水出しコーヒーをだしパックorお茶パックで作る方法

我が家の水出しコーヒーの作り方は、特別な器具などは必要ありません。
作り方も超簡単。

【水出しコーヒーのレシピ】
  1. だしパック(もしくはお茶パック)に20gのコーヒー豆をつめて、ポットにイン。
  2. ポットに500mlの水を注ぐ。
  3. 冷蔵庫で1晩(最低でも5時間できたら8時間以上)放置。
  4. じっくり抽出された、雑味のないスッキリした水出しコーヒーが完成!
これだけです。

コーヒー豆には水出し専用のものでなくても大丈夫です。
私は現在は肉のハナマサのアイスコーヒー用のコーヒー豆を使用していますが、単に期限切れ前で叩き売りされてたから買っただけで、特にこだわりはないです。

ただし、インスタントコーヒーではなく、焙煎した豆を挽いたレギュラーコーヒーを使用してください。


\自作水出しコーヒーのポイントを紹介/

自作ポイント1:お茶パックよりも、だしパックを使う方がおいしい水出しコーヒーができる

水出しコーヒーに使用するのは、お茶パックもしくはだしパック。
これに挽いたコーヒー豆を詰めて水の中に入れておくことで、コーヒーがじっくり抽出されます。

↓これはダイソーのだしパック。不織布でできた袋状のやつです
ミニマリノベひながた (1)


個人的には、お茶パックよりもだしパックがおすすめです(もしくは大判サイズのお茶パック)。

水出しコーヒーの配合としては、我が家の場合は500mlの水に対して、だいたい20gのコーヒー豆を使用しています。

お茶パックだと10gぐらいしか入らず2袋準備することになり、しかもサイズが小さいのでこぼれたりして面倒くさいな〜と思っていたのですが、だしパックにしてみたらサイズが大きく1袋で20g入るうえに口が大きくてコーヒー豆をこぼさず詰められるので快適でした。

↓セリアで買ったお茶パック、コーヒー豆は肉のハナマサのPB品
5186

実は水出しコーヒーを自作しはじめた当初は、ガラスポットに付属していた専用のストレーナー(茶こし)を使用していたのですが、洗うのが手間だったのと、間にコーヒーカスが詰まって衛生的に保つのが難しかったので処分しました。

使い捨てのお茶パック・だしパックの方がはるかに楽ちんだし、衛生的で気に入っています。

【使用しているアイテム】
お茶パック・だしパックは、ほとんどの100円ショップやスーパーでも取り扱いがあります。
こういうやつです↓


自作ポイント2:水を注ぐ前にコーヒーをポットにスタンバイすべし

我が家ではタリーズのガラスポットを水出しコーヒー専用にしています。

EsdaLwGkTnydWrsCRjKlOg

もちろん、別にガラスポットじゃなくても、水の量は500mlじゃなくても大丈夫。

コーヒー豆10g:水250mlぐらい(コーヒーを1杯飲むのに10gで計算するとわかりやすいかも)バランスで、水出しコーヒーを作る容器の容量に合わせて調整してください。
濃い味が好みの方は、コーヒー豆を増やすか水を減らすなど分量をお好みで加減すると良いと思います。

水出しコーヒーをおいしく作るコツなのですが、水を入れてからお茶パック・だしパックを放り込むのではなく、空の容器にパックを入れて、上から水を注いでください

水の上にパックを入れると、パックに詰めたコーヒー豆が水を吸うのに時間がかかってしまい、抽出に時間がかかる気がします。

ちなみに、水はペットボトルの天然水とかでもなく、ウォーターサーバーとかでもなく、水道水(浄水器は一応つけてる)を使用しています。

↓後から水を注いでもパックが浮いてきますが、多少はマシです。
4k3IyX2_RkuvtDm2SWJQzg

【使用しているアイテム】
タリーズのロゴが入ってますが、ハリオのコーヒー用のガラスポットと同型です。
スリムで冷蔵庫のサイドポケットに入るのに、広口で底を手で直接洗えて衛生的で、気に入っています。


自作ポイント3:水出しコーヒーは最低でも5時間は冷蔵庫で寝かせよう

できたら8時間、最低でも5時間は抽出時間が必要です。
それ以前に飲むとシャバシャバです。
短時間抽出だと若干薄いですが、それはそれでサラッとしておいしいです。
長時間抽出だとコクが出てとてもおいしいです。

我が家では毎寝る前に水出しコーヒーをセットして、冷蔵庫のサイドポケットで冷やしながら抽出し、翌朝飲むというのがルーティーンになっています。

我が家では、パックは取り出さず最後まで入れっぱなしです。
が、冷蔵庫保管とはいえ、雑菌とか繁殖すると思うので、1日たったら淹れ直すようにしています。

↓冷蔵庫のサイドポケットでザクに挟まれるのが定位置です。
ncrfBUFTTdWNc6QSBq6b6Q

まとめ:自作水出しコーヒーは簡単な上にメリットだらけ

水出しコーヒーの最大のメリットはおいしいところです。
同じコーヒー豆でも、ドリップコーヒーより、雑味がなくスッキリした味に仕上がります。

飲み口が軽やかで、クリアな味わいという感じ。

お湯を沸かす必要もないので、ガス代電気代の節約にもなりますし、冷蔵庫で抽出しているので、氷いらずで冷え冷えのアイスコーヒーが飲めるのも楽ちんです。

マグカップに注いで、レンチンすればホットコーヒーとして飲むこともできます。

ということで、冬も自作水出しコーヒーを夜な夜な作るルーティーンは継続することになりそうです。


LINEにブログ更新通知が届きます
LINEで読者登録する


【この記事を読んでくれた人におすすめです】

↓これで水出しコーヒー飲んでます。安くて丈夫でおしゃれ!フランス製グラス


↓ポーチの中身を紹介しています。


↓高品質なのに安い!20年愛用しているレトロコスメ



おまけ

最後まで読んでくださってありがとうございます。
水出しコーヒーの飲み方、最近のマイブームはブランデーを少しだけたらすこと。
相性が良く、ぐっと高級感のあるおしゃれな味になります(ラムでもおいしいです)。


7G26Q_HoTfqzkJkqayX87A



🔽ブログランキングに参加しています🔽
\モコをクリックでポイントが入ります/
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
🏠ていない(大木奈ハル子)とは

クセつよアイテムを愛するミニマリストにして、整理収納アドバイザー。
2021年春から大木奈ハル子名義で、キッチンと愛用品のWEBマガジン「台所図鑑」の運営と、Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムのライターもしています。

ミニマリストがミニマムな予算とミニマムな手間でミニマムに暮らすためのリノベーション「ミニマリノべ」を提唱し、2021年6月に小さな中古マンションを購入し、夫婦でDIYでフルリフォーム中です。

日本聴導犬協会の子犬育てボランティア「ソーシャライザー」もしているので、犬の出入り激しめ。

モットーは「お金をかけずにちょっと工夫して自分らしく暮らす」。
当記事は7月に公開した記事を2021年9月23日に大掛かりにリライトしています。